2018 可塑剤は負のノートで終わりかもしれない

しかし、可塑剤市場はまだない良い, 悪いまたは国内外需が十分かどうか、明らかに落ち込んで負の要因によって市場、2018 年には、可塑剤業界はまだほとんど下落の終わり、2019年市場はまた良いスタートを持っているは難しい、長い時間の弱い低、中誉の市場の観点から情報になる次の分析。

国内需要が十分ではない、硬質状況が継続、株価予測の不足にあります。かどうかそれは環境保護と他の外部要因、または業界の黒字、利益内部要因、ターミナル PVC 軟質製品産業の生産を得るために困難だし、マーケティングではない豊かななっている確実性、特に当冬には、ステージ ヘイズ対策の実施と組み合わせてローシーズンは、可塑剤端末製品の需要は縮小状態と表示されています。小は間もなく新年の休日を迎えますが、株式市場の状況、ずっとないと最初の順序はまた期待不足だけに左右されない、需要の弱さにも、原油先物下落、周辺の悪い原因演算子の考え方、パニック、ちょうど取る状況、可塑剤業界の需要見通しが、制限されます。

原材料ブタノールと無水フタル酸まだ低い期待 DOP、DBP の弱体化、伝送コストと原材料の減少だけでなく、可塑剤製品の衰退を加速しています。DOP、基本的に通年で赤字が大幅に通信コストを受けますが、最近原料オクタノールとベンゼン無水トレンド法下、特にオクタノールに減少している 8000 元/トン、ベンゼンの価格近傍法の下無水特定の防衛を持っているが、また、陰落ちた低燃費悪い原料、また圧力損失に基づいて、DOP スライド基本維持陰落ちたリズム。DBP はかかわっている限りでは、2018 年に安定した利益獲得サイクルがあります。現段階でブタノール及びナフタレンの無水フタル酸の減少は、DBP の減少傾向にもつながる、原料の側に大きなマージンがある、利益を維持することができます。ブタノールと無水フタル酸の減少がコスト圧力は、排除することは困難それが損失か利益状況かどうか自体可塑剤があるがまだ意識した制御のリズムの衰退企業に鉛をなっています。

お正月が来ている、春祭りもますます近くですの肯定的な期待の欠如早く準備ができての春祭り、同じだ原油の連続相が急落、広範な弱気や 2018年業界を引き起こすかどうか損失、産業市場参加熱意や春祭り交通対策など、市場は、まだ、比較的集中で満ちている弱気まで影響を受けます。業界で様々 な負の要因が、長期的な商品が無料ではないが、特定の補充の欠如はありませんがより明白なステージ。

O-キシレン o フタル酸無水物にまたは産業のナフタレンにナフタレン無水ブタノール、プロピレンから最終的に DOP、DBP 製品、全体的な傾向は下向き、利益も、同様に、損失や利益を絞り込みます。春祭りの初期段階を入力すると、2019 年に、期待は良い、外部環境が悪い、国内需要が十分ではなく、可塑剤製品が弱いではなく、否定的な下落傾向は変えにくい。


株式会社 ZHEJIANGJIAAO ENPROTECH

追加: No.1 経済・開発ゾーン、桐郷、浙江省、中国

お問い合わせ: 灰色李

灰色の李携帯: 0086-15888317761

お問い合わせ: ジョーイ ケ

ジョーイ ケ携帯: 0086-13763320723

TEL: 86-573-88623097

FAX: 86-573-88623119

電子メール: inquiry@jiaaohuanbao.com