CBOT大豆先物は、米中貿易協定の希望により高く終了した

シカゴ、12月12日(ロイター)-シカゴ貿易委員会(CBOT)の大豆先物は、今週、米国と中国の貿易協定と強力な輸出販売データへの新たな希望により木曜日に上昇しました。

 

中国は世界最大の大豆輸入国です。

1月の大豆は1ブッシェルあたり8.98ドルから1/4ドルで4-3 / 4セントになりました。

1月の石油は1ポンドあたり32.23セントで約0.79セントになりました。

1月のSoymealは、1トンあたり294.20ドルで80セント下落しました。

トランプ氏の最新のコメントが私たちと中国との間の貿易協定への希望を復活させたため、穀物と大豆の先物、原油と私たちの株が上昇しました。

木曜日の米国農務省の輸出販売レポートは、米国大豆の輸出販売が12月5日に終了する年間で純額で1,050,100メートルトン増加したことを示しました。前の4週間の平均から。

今週、2020/2021年の米国大豆の輸出売上高は125,000トン増加し、市場推定ではゼロになりました。 米国の大豆の出荷量は144億3200万トンで、前週から4%減、前の4週間平均から13%減でした。

米国の大豆ミールの輸出は、予想通り週に257,600トン増加しました。 米国産大豆油の輸出売上高は、30,200トン増加しました。 市場の期待以上。


ZHEJIANGJIAAO ENPROTECH STOCK CO。、LTD。

ADD:No.1 Economic&Development Zone、Tongxiang、Zhejiang、China

連絡先:グレイリー

グレーLIモバイル:0086-15888317761

連絡先:Joey Deng

ジョーイ・デン・モバイル:0086-13763320723

TEL:86-573-88623097

FAX:86-573-88623119

電子メール:inquiry@jiaaohuanbao.com