CBOT大豆先物は、米中貿易戦争の心配のため下落した

米国と中国がブエノスアイレスでのG20サミットでの貿易紛争の解決に大きな進歩を遂げる可能性があると市場が信じていなかったため、シカゴ商品取引所(CBOT)の大豆先物は10月23日に下落した。

CBOT-1大豆は1ブッシェル当たり8.81ドルで2セントを閉じた。

米国との貿易戦争の間、中国はブラジルの大豆を購入し 、ブラジルの マトグロッソでの早い収穫は 中国が米国の大豆の購入を避け続けることを可能にするかもしれない、とトレーダーが言った。

中国は世界最大の大豆輸入国であり、大豆は米国から中国への最大の単一農業輸出品です。 しかし、米国の大豆に対する中国の報復関税は停滞した二国間の大豆貿易をもたらし、米国で収穫された大豆が倉庫に蓄積され、さらには地面で腐敗する可能性もあります。

米国農務省は、輸出業者が12万トンの米国大豆を売ることに合意したと発表した、そして目的地は知られていなかった。

米国農務省は、11月15日の週の時点で、米国の大豆の輸出は55〜85万トンの市場予測範囲に沿って685,500トンに達したと述べた。 米国農務省のデータによると、売上高には中国への販売のために中止された66,000トンの大豆と、未知の目的地への290,200トンの大豆が含まれていました。

CBOTと12月の大豆ミール契約は0.8ドルから1トン当たり305.8ドルまで下落し、12月のソイユ契約は0.15ドルから27.65セントまで下落した。

11月24日のCBOT大豆の推定量は49,793、大豆ミールの数は83,016、そして大豆油は99,831でした。


ZHEJIANGJIAAO ENPROTECHストック株式会社

追加:No.1経済開発区、桐郷、浙江、中国

お問い合わせ:Grey Li

グレイLIモバイル:0086-15888317761

問い合わせ先:Joey Deng

Joey Deng Mobile:0086-13763320723

TEL:86-573-88623097

FAX:86-573-88623119

電子メール:quiry@jiaaohuanbao.com